0~6ヶ月 1~3歳 3~12ヶ月 子育ての悩み 脂漏性乳児湿疹

2021/8/1

脂漏性湿疹とは!原因と治し方・対処法をわかりやすく解説

  赤ちゃんや子供によくある頭皮にこびりつくうろこ・かさぶたのような塊「脂漏性湿疹」。 いっくん でも、どんな風に対処していいかわからない。 放置していても平気?   こんな不安を感じる事もあるかと思います。 そこで、脂漏性湿疹はどんな風に対処したらよいのか?そのケアの仕方やおすすめのベビーオイル、効果的な対処の仕方にについて詳しく解説していきましょう。   目次1 脂漏性湿疹とは2 脂漏性湿疹と間違えやすい乳児湿疹は3つ2.1 乳児脂漏性湿疹2.2 あせも2.3 新生児ニキ ...

ReadMore

子育ての悩み 日焼け・UV対策

2021/7/1

赤ちゃんのベビーカーライフを快適に!おすすめ対策グッズ8選

  夏に向けた赤ちゃんのベビーカーライフ。ベビーカーでの外出も多くなりますので、そんな時に日焼けや熱中症の対策などはしっかりしておきたいもの。   悩む女性3 ベビーカーって、それ以外にも対策が必要なの? 例えばですが、ベビーカーに乗っていると、下からの熱も尋常じゃないんですね。 いくみ   そこで、ベビーカーを運行中は真夏の様々な日差し対策が必要不可欠なんです。 そこで、ベビーカーライフにおすすめなケアアイテム・グッズをご紹介していきましょう。   目次1 ベビー ...

ReadMore

おすすめグッズ 口臭 子育ての悩み

2021/7/21

【2021年】子供の口臭がひどい!10の原因とおすすめケア3選

悩むサラリーマン1朝起きたら、子供の口が臭い! 4歳の我が子の口の臭いがいつの日か突然ひどくなり、私もびっくりしました。ある時から、突然寝て起きた後に非常に口が臭くなってしまったんです。 しかも、一時だけかと思いきや朝起きると、毎日口臭が出てしまっていて、これは大変。 お子様を持つ皆様には、そんな子供の口臭に悩んだ経験はありませんか?いくみ そこで、 悩むサラリーマン1 子供の口臭の原因ってなんだろう? 子供の口臭の治し方ってどうすればいいの? そんな子供の口臭を改善するために行った対処法を皆様にご紹介し ...

ReadMore

子育ての悩み 脂漏性乳児湿疹

2021/5/26

脂漏性湿疹は赤ちゃんに多い皮膚炎!脂の塊の原因とおすすめの治し方

  0~3歳頃によくある悩み。乳児や子供の体質によって症状が現れてくる子供の頭にできる脂の塊「脂漏性湿疹」。   悩む女性1 この脂漏性湿疹っぽいんだけど、放置していて平気なの? どうやって治すの? そんな悩みも少なくありません。そこで、この脂漏性湿疹の治し方やよりよいケアアイテムについてご紹介していきましょう。   目次1 脂漏性湿疹とは・・・2 脂漏性湿疹の主な原因3 脂漏性湿疹の主な症状とは4 脂漏性湿疹の主な発症時期と改善期間4.1 発症時期について4.2 回復期間に ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/7/1

日焼け止めの選び方!SPFとPAの違いと基準を正しく理解せよ

夏の暑い日差しは、大人にも赤ちゃんの天敵。そんな時のケアアイテムとして効果的な「日焼け止め」ですが、 悩む女性2 日焼け止めの選び方において、何を基準に選べばいいの? そんな悩みを持たれる方も非常に多いです。 いっくん 日焼け止めを選ぶ際には、SPF値とPA値という指標があります。 この2つを基準にして日焼け止めを選んでいくわけですが、そこで、このSPFとPAの違いとその指標を基にした子供から大人まで年代別の日焼け止めの選び方を詳しく解説していこうと思います。   目次1 人の身体に害を及ぼす紫 ...

ReadMore

おすすめグッズ 子育ての悩み 日焼け・UV対策

2021/7/1

赤ちゃんの夏の蚊よけ・UV対策ダブルケア!おすすめアロベビーの魅力

  夏になると赤ちゃんや小さい子供のよくある悩み。夏は虫よけ対策や日焼け等のUVカット対策はすごく気になりますよね~。 小さい子供は、血がおいしいせいなのか、すごく蚊に刺されやすいですし、また今の日差し・紫外線はすご~く強く、日焼けで肌がただれてしまうことも少なくありません。特に、小さいうちは皮膚が薄いので、こうした配慮は非常に大切です。   そこで、赤ちゃんの蚊よけとUV対策にダブルケアができる効果的なアイテムがあります。それが、「ALOBABY(アロベビー)」です。 そこで、このA ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/20

片付けない子供の習慣を変える!子供の足がすぐ動く2つの魔法の言葉

  子供は、何かを親に言われてもすぐに動きません。しかし、あることを言うだけで、子供の足がさっと動くようになる魔法の言葉があるんです。   親も中々子供が動かないとストレスを抱えて倒れてしまいます。そんな時にちょこっと子供に一言いうだけで、返られるおすすめテクニックをご紹介していきます。   目次1 子供の足を動かす主な2つの方法2 子供に何かしてほしい時に子供の足を動かす魔法の言葉2.1 競争心を煽るおすすめな一言2.2 子供が楽しいと思えることと引き換えに頑張らせる一言3 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/7/11

子供がトイレでうんちができるようになるためのおすすめトイトレ法

2~3歳頃によくある悩み。オムツがとれない。トイレにいかない等色々ありますが、そんな悩みの一つに「うんちをトイレでできるようにさせたい。」でも。トイトレの仕方がわからない。。。 うんちをトイレでできるようにさせたい。 なかなかトイレでできない 悩む女性1 オムツでしてしまって、トイレでしてくれなかったり、うんちがトイレの時だけ、でない。 な~んってこともありますよね~。   そこで、トイレでうんちができるようになるまでの全てを本章でご紹介していこうと思います。     目次1 ...

ReadMore

おすすめグッズ 産後の悩み

産後の痔にボラギノールは使える?原因とおすすめの激痛の治し方

 

出産が終わってつかの間、産後に抱える様々な悩みの一つ「痔」。

 

悩む女性1
産後になって「痔」になって辛い。 痔になりやすくなった!

 

と感じる方も多いのではないでしょうか?

実は、私も産後にこうした痔の悩みに悩まされた人の一人でした。
いくみ

そこで、そんな痔に悩む方のために産後における痔になりやすい理由と痔の対処法についてご紹介していきましょう。

 

実は産前から痔になりかけているケースが多い

 

産後になると痔になる方が多い場合も、その場合、産前からもうすでに痔の兆候が出ているケースが非常に多いです。

それはどういうことかというと、母体は胎児に栄養や水分を取られるため、そのため身体の水分が不足しがちになるため、便が硬くなることが多いためです。

 

これによって、排便が出にくくなり、排便時に力むことが多くなるためです。これによって痔の兆候をもたらすケースが非常に多いのです。

 

産前から痔になる主な原因には、下記の3つが挙げられます。

 

<産前から痔になりやすい主な原因とは>

  • 水分不足による便秘
  • 運動不足による血行不良
  • 黄体ホルモン増加によるホルモンバランスの乱れ
  • 子宮が大きくなるこtによる腸の圧迫

 

圧倒的に水分不足による便秘が原因で引き起こるケースが多いですが、その他にも上記のような理由が関係しており、これらの要因が産後への影響してくるのです。

 

産後に痔になりやすい主な原因とは

それでは、一体どうして産後になると痔になりやすくなってしまうのでしょうか?その原因についてご紹介していきましょう。その原因には主に6つの原因が挙げられます。

 

ポイント

<産後に痔を引き起こしやすくなる主な原因とは>

  • 分娩時のいきみ
  • 便秘
  • 腹筋の筋力低下
  • 会陰裂傷・会陰切開の影響
  • 授乳による水分不足
  • 運動不足による血行不良

 

特に、産前からの便秘に続いて、痔の決め手となる「分娩時のいきみ」が大きな原因となります。

 

関連

  • 黄体ホルモンの分泌量が変化する事で、腸の動きが鈍くなる
  • 胎児の成長と共に子宮が増大し、血管が圧迫&鬱血して血行が悪くなる
  • 子宮の増大と共に腸が圧迫され、排便障害(便秘)になりやすい

 

出産時に受けたおしり回りへの負担が痔を引き起こし、その影響は産前から蓄積した結果によって起こっていることが多いのです。

 

産後になりやすい痔の種類とは

痔には大きく分けて「切れ痔」「イボ痔」「痔ろう」の3つがあります。

 

その中でも産後に多いと言われているのが、「切れ痔」と「イボ痔」です。

 

1.切れ痔とは(⇒裂肛)

切れ痔とは・・・

肛門が裂けてしまう状態を言い、特に女性は妊娠中にホルモンバランスや胎児への水分を取られてしまう影響で、便秘になりやすい状態が10ヶ月以上も続くことになります。

 

ポイント

<産後に特に切れ痔の方が多いその理由とは?>

  • 我慢する悪循環が原因

 

この便秘の状態が出産によるいきみでさらに悪化します。

 

さらに産後も授乳による水分不足の影響で、さらに続いてしまうことがあります。

便秘が悪化し、切れ痔になりやすくなるのです。

 

こうした痛みを伴った状態を作り出してしまうことで余計排便を我慢するようになるのです。それに伴い、便秘を悪化させる状態をいっそう作り出してしまいます。

 

2.イボ痔とは(⇒痔核)

特に内痔核という痔が肛門の内側にできる状態を言い、この場合神経に触れないため、痛みを伴わないため、痔に気づかないことがあります。

 

ポイント

<産後に起こるイボ痔のケースとは>

  • 痛みが生じにくいため長期放置してしまう

 

知らずのうちに長期間放置してしまうことで悪化し、痔が腫れあがり、肛門の外に出てきたときに初めて違和感を感じるようになります。

 

又イボ痔が裂けてしまうこともあるため、そうした状態になった時に初めて痛みに気づくようになります。

 

出産時の「いきみ」による肛門への負担や、妊娠中の血行不良が原因として挙げられます。

 

 

産後に悩む痔のおすすめな対処法とは

 

悩む女性1
それでは、こうした痔になってしまった場合にはどのように対処したらよいのでしょうか?

そこで、辛い痔の痛みを緩和する為の対処法について確認しておきましょう。

 

ポイント

<産後に悩む痔の6つの解消方法とは>

  • 便秘改善(食物繊維の摂取)
  • オリゴ糖と乳酸菌サプリの活用
  • 痔になったら清潔に!
  • 市販薬の活用(ボラギノール)
  • おしりを温めましょう!
  • 円座クッションの活用

 

1.食物繊維の摂取

痔の痛みを最も感じるのが、排便の時ですよね。
いっくん

それは、硬くなってしまった便を出す為に、肛門が刺激される事で生じる痛みです。

産後に悩む痔の解決には、まず腸内環境の改善からです。

 

便秘を改善するには、3つの力を摂取することが必要です。

 

2.オリゴ糖・乳酸菌の摂取

それが、「食物繊維」「乳酸菌」「オリゴ糖」の3つです。

特にオリゴ糖は、「カイテキオリゴ」であれば、妊娠中や産後の便秘にも使用可能ですので非常におすすめです。

 

オリゴ糖は、腸内に潜む善玉菌の強くしてくれるエサとしての役割があります。

 

そのため、オリゴ糖は乳酸菌と一緒に摂取することで、善玉菌を増やし、腸内環境へと導いてくれるのです。

 

又朝には牛乳を摂取するのも非常に効果的です。これらの栄養成分が便を柔らかくしてくれますので、しっかり摂取してください。

そこでおすすめなベビー乳酸菌の魅力をご紹介しております。これは、腸内環境のみならず、アトピーやアレルギーにも効果があり、かつオリゴ糖も含まれているので、一挙両得の乳酸菌なので、ぜひ利用をおすすめします。

【ベビー乳酸菌】を購入する

 

ベビー乳酸菌の詳細についても、下記でご確認しておきましょう。^

 

 

3.ボラギノールを活用しましょう!

市販薬であればボラギノールを活用していましたが、母乳への影響はありませんでしたよ。
いっくん

 

又眠れない程お尻に痛みを生じたら、なるべくお風呂で温め清潔にしておくことも痛みを緩和させる良い方法でもありますので、ぜひ試してみて下さい。

 

黄色が痛みかゆみに効果的


 

4.円座クッションを活用しましょう!

日々の利用で効果的なアイテムのもう一つが「円座クッション」。

円座クッションを利用すると、座った時に、痔やおしりの痛みを軽減することができるので、かなり痛みが緩和します。

産後しばらくは、痔に関係なく痛みがあることが多かったり、また座った瞬間に切れてしまう。

そんなことがあるので、利用していると救われることがあるんです!

 

私も産後はかなりお尻の痛みがひどく、それに合わせて、痔も併発してしまったので、円座クッションを利用しており、非常に助かりました。

産後もしお尻の痛みがひどい場合には、これは、絶対に1つあった方がいいですよ!

【おすすめはこちら】

 

まとめ

 

産後の痔は、特定の方に起こるものではなく、産後の女性には誰にでも起こる症状の一つです。

そのため、出産後は、おしりのケアが大切になりますので、腸内環境を整えられるための食生活とそのためのケアを行うことが便秘や痔の症状を悪化させない方法の一つとなることを覚えておきましょう。

 

コーヒーが作れる注目のおすすめウォーターサーバー(17000円相当プレゼント)

ウォーターサーバー「フレシャス」

-おすすめグッズ, 産後の悩み
-, , ,

Copyright© 育チルケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.