子育ての悩み

2021/2/23

赤ちゃんの痰の絡みを速攻解消!おすすめ対処法とは

  悩む女性1赤ちゃんの痰が、喉の奥に引っかかっていて、なんかゼーゼー・ヒューヒューしてる? そんな経験ありませんか?そんな音がしているとなんか焦ってしまいますよね~。いくみ そこで、この赤ちゃんの痰の絡みにおける悩みについて詳しく解説していきましょう。 又赤ちゃんが苦しそうにしていた時にその苦しさを少しでもやわらげてあげたいですよね。どのように対処していけばよいのでしょうか?いくみ その対処法についても合わせてご紹介していきましょう。     目次1 痰が絡む原因って?2 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/2/22

子供が感染しやすい溶連菌の主な症状と対策法

  季節の変わり目など体温調節がうまくいかないこの時期では、子どもが体調を崩しやすい時期でもあります。 そんな時もし子どもが喉の痛みを訴えていたら、その多くは、細菌やウイルスに感染しており、喉に炎症が起きてしまっている可能性が高いです。近年子どもが、かかりやすい病気の一つに、合併症を引き起こす溶連菌があります。   溶連菌は、一見するとただの風邪と症状が似ているため、勘違いしやすい病気なのですが、感染すると様々な合併症が存在します。抗生剤による適切な治療を受けないと、臓器不全の病気の原 ...

ReadMore

乳腺炎 産後の悩み

2021/2/16

乳腺炎が軽減できた!主な症状と6つの対処法と予防法とは

出産が終わってほっと一息。しかし、その直後からすぐに待っている「子育て・育児」。そんな子育てや育児の悩みの一つに「乳腺炎」があります。 赤ちゃんに成長に欠かせない母乳ですが、そんな母乳にも様々な悩みがあります。 悩む女性3あるひ突然母乳がなんか出にくくなったかな~? そんなふうに感じる方も少なくないんです。いくみ   そんな詰まりを放置しておくと、「乳腺炎」になってしまうかもしれません。   一度乳腺が詰まってしまうと、胸は腫れ、熱をもったりして痛みを伴います。最悪の場合、切開すること ...

ReadMore

子育ての悩み 産後の悩み

2021/2/23

子育てによる産後うつとはどんな病気?症状・原因・対処法について

出産が終わってホッと一息したいところですが、すぐに育児が待っています。 産後には、日々の赤ちゃんの授乳や夜泣き等で育児疲れが起こり、寝ようにも中々寝ることができくなったり、辛い毎日を過ごされているお母様方も多いです。   そんな時期の身体の異変として怖い症状の一つに「産後うつ」があります。こうした症状が重なっている状況の中で、 悩む女性1これって産後うつなの? でも、子供がどうして泣いているのかわからない・・・どうしたらいいの? こんな悩みを感じる方も多く、知らずのうちに自分を責めてしまうあまり ...

ReadMore

おすすめグッズ 妊娠中の悩み

2020/7/23

妊娠中の辛い寝返りに!おすすめエールベベ抱き枕の魅力【レビュー】

妊娠中によくある悩み。お腹が大きくなると、寝ている最中寝返りも打つのが辛~い。 また上向きに寝ていると重さに耐えられるなくて苦しい。そんな風に感じた経験はありませんか?そこで、妊娠中によくある悩みの寝ているときの辛さを少しでも軽減できるアイテムをご紹介していきましょう。   目次1 妊娠中に辛い腰痛と肩こり2 妊娠中で仰向けはお腹が圧迫される3 一番寝やすい寝方について4 妊娠中の寝返りにおすすめアイテム!エールベベ抱き枕のメリットとその効果とは4.1 エールベベ 抱き枕の4つの機能(4WAY) ...

ReadMore

おすすめグッズ 子育ての悩み

2020/6/22

赤ちゃんの夜泣きで困った時の8つの対処法とおすすめ対策グッズ2選

  赤ちゃんのつら~い「夜泣き」。 悩む女性1突然泣き出し、あやしてもなかなか泣き止んでくれない。   こんな時ほんとにつらいですよね~。そこで、そんな夜泣きに困った時に活用できる8つの対処法と解消できるおすすめ対策グッズを2つご紹介していこうと思います。   皆様なの夜泣きに困った時のアイテムとしてぜひ活用してみて下さい。   目次1 初産の場合は気にしすぎが多い2 まずは基本的な対処から3 無料でもできるおすすめ対処法8選3.1 抱っこであやす際、場所変えてみま ...

ReadMore

産後の悩み

2020/6/12

【産後の切れ痔】痛みの軽減と悪化させないおすすめ対処法とは

皆様は実は出産後、痔に悩まされるお母様方が多いのはご存じでしたか? 実は、一度痔を患ってしまうと痔そのものが、恥ずかしかったり、育児に余裕が持てず、自分のケアに気が回らないため、症状が悪化してしまう人も多いようです。   しかし、痔を侮ってはいけません。いくみ 痔は症状が悪化すると、寝ていられないほどの痛みを伴うため、放置せずにきちんと治すことが大切なんです。 そこで、産後になりやすい痔の原因や治し方、痔を悪化させないためのポイントをご紹介していきましょう。   目次1 妊娠中や出産後 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/2/18

【必見】赤ちゃんの夜泣きが止まる!実際効果があったおすすめ対策法

  赤ちゃんが突然泣き止まなくなる「夜泣き」。 実際に夜泣きで泣いているのか、それとも普通に泣いているのか、どのようにして見分けるのかよくわからないですよね~。 いくみ 赤ちゃんの夜泣きって何で判断するの? どうやって泣き止ませればいいの? そこで、実際に効果があった赤ちゃんが泣き止む夜泣き対策方法についていくつかご紹介していきましょう。   目次1 夜泣きって2 基本的な泣きと夜泣きを見分けるポイントとは2.1 夜泣きと一般的に泣いている場合の見分けるポイント2.2 基本ベースでなく ...

ReadMore

産後の悩み

母乳をあげた後のゼーゼー?これってぜんそく?

産後、赤ちゃんに母乳をあげていると、ミルクを飲んだ後に赤ちゃんの吐息からゼーゼー音がなり、

 

悩む女性1
なんか苦しそう!「喘息なのでは?」

 

そんな風に感じた経験はありませんか?

 

もしかしたら赤ちゃんはミルクの飲みすぎなのかもしれません。

 

そこで、この赤ちゃんの呼吸について、喘息ではないのかどうか?

解説していきましょう。

 

 

聞こえているゼーゼー音は「乳児喘鳴」

赤ちゃんがミルクを飲んだ後等にゼーゼーしたりするのは、「乳児喘鳴」と言われます。

 

ポイント

<乳児喘鳴を引き起こす2つの理由とは>

  • 赤ちゃんの気道がまだ狭い点
  • 飲み込んだヨダレや母乳、ミルクが喉にたまりやすい点

 

上記2つの理由が挙げられます。

呼吸音と合わせて、こうした音が生じると考えられています。

 

赤ちゃんの身体の構造上、気管の中にヨダレや母乳が入っていくことはありません。

万一吸い込んでしまった場合でも、赤ちゃんは咳き込むことによって、気管に入ってきた液体を外に排出することができます。

 

 

 

乳幼児のゼーゼーする呼吸音の原因とは

私の子供も授乳の時にだけ、「ゼロゼロ」とか「ゼーゼー」と音がするので1ヶ月健診で医師に聞いてみました。

原因は気管支からの分泌物である「痰」が主な原因となっています。

 

 

ポイント

<ゼーゼー・ヒューヒュー音の主な2つの原因>

  • ミルクの飲ませすぎによる痰の絡み
  • その他病気の可能性

 

ミルクの飲ませすぎによって起こることが非常に多いです。

 

ポイント

ミルク等を飲んだ後にゼーゼーしてしまう主な原因には痰が絡んでしまうことが主な原因ではありますが、特に月齢の低い赤ちゃんにはよく見られる現象なので心配はありません。

 

 

痰は病気の時でなくても分泌されていて、喉にくると無意識の内に飲み込まれて排出されます。

 

また、鼻汁も喉に落ちて飲み込まれることで排出されます。

赤ちゃんは飲み込む力が弱いので、授乳時は飲み込みにくくなり、感染症などの病気でなくてもゼロゼロとかゼーゼーと鳴ることがあるそうです。

 

気管支も細いので、気管支からも排出されにくくなるのも原因だそうです。

授乳時に鳴るのは、授乳の刺激で分泌物が増えることもあるからだそうですが、これが原因で授乳不良がなければ経過を見るだけだそうです。

 

 

生後5ヶ月で離乳食が始まるくらいには鳴らなくなってましたし、現在5歳ですが喘息はなく、下の子もゼーゼー鳴ってましたが3歳の現在も喘息はないです。

授乳不良がなければ、特に何もしなくてもいいとのことでしたが、生後1ヶ月健診の後に風邪をひいて授乳以外でもゼロゼロ鳴りだして、授乳時はむせて咳き込んだりしました。

 

ちなみに新生児の赤ちゃんでも免疫力は強いので重い症状になることは少ないそうですが、風邪をひくことはあります。

 

痰が絡んで飲み込みにくい時には、頭と背中を支えて角度が60度くらいまで上体を起こして授乳すると楽になる飲める様子が見られました。

 

体重が伸びない等、他に問題がなければ大丈夫だそうです。気になるのでしたら、健診等の時に医師に相談してみて下さいね。

 

 

乳児ぜんそくの心配の必要性はある?

 

乳児ぜんそくの心配の必要性に関しては、特に問題ないと言われています。

<乳児喘息の心配の必要性は?>

  • 生後1ヶ月前後までは安心して問題ありません。

 

生後1ヶ月前後までは喘鳴が聞こえることは珍しいことではありませんし、呼吸の状態に何か問題がなければ、心配しなくても大丈夫なんです。

私の家庭でも、1人目は、この乳児ぜんそくのようなゼーゼー音があったので、心配していたのですが、

赤ちゃんに少しでも「心に安心を、心に癒しを。」と思って始めたのが、「ベビースリープ」です。

授乳後にこれを塗ってあげると、しばらくしてこのゼーゼ音がなくなりました。

 

 

お子様によってもその効果は異なりますが、うちの子は、ゼーゼー音のみならず、普段寝る時に使用すると、安心するせいかすごくぐっすり眠ってくれるんです。

大人で言うとアロマみたいな感じですね。案外色々な所で活用できるので、もし興味のある方は試してみて下さい^^



 

 

別の病気が隠されている場合もある

但し、授乳以外の場合で、ゼーゼーやヒューヒュー音がなる場合には、別の病気が隠されていることがあるので、注意が必要です。

 

注意ポイント

<授乳以外でもゼーゼーがある時の注意すべきポイントとは>

  • 授乳がしづらい
  • 体重が増えない

 

授乳以外でも「ゼーゼーがある。授乳がしにくい。又は体重が伸びない。」等があれば、少し気にする必要性があるので、よ~く観察して、必要に応じて医師に相談するようにしましょう。

 

まとめ

このように、生後1か月は、気管支が狭く、母乳やミルクをあげた後に、こうした喘息のようなゼーゼー音が出やすい赤ちゃんもいますので、過度に心配する必要はありませんが、苦しんでいないかどうかこまめにに赤ちゃんの状態を確認することが大切です。

あまりにこうしたゼーゼー音であまりに苦しそうにして、長期にわたって泣き続けている場合は、別の原因が隠されている可能性もありますので、そういった場合は、医師に相談するようにしましょう。

-産後の悩み
-, , , ,

Copyright© 育チルケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.