子育ての悩み

2021/5/7

日焼け止めの選び方!SPFとPAの違いと基準を正しく理解せよ

夏の暑い日差しは、大人にも赤ちゃんの天敵。そんな時のケアアイテムとして効果的な「日焼け止め」ですが、 悩む女性2 日焼け止めの選び方において、何を基準に選べばいいの? そんな悩みを持たれる方も非常に多いです。 いっくん 日焼け止めを選ぶ際には、SPF値とPA値という指標があります。 この2つを基準にして日焼け止めを選んでいくわけですが、そこで、このSPFとPAの違いとその指標を基にした子供から大人まで年代別の日焼け止めの選び方を詳しく解説していこうと思います。   目次1 人の身体に害を及ぼす紫 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/5/5

赤ちゃんの夏の蚊よけ・UV対策ダブルケア!おすすめアロベビーの魅力

  夏になると赤ちゃんや小さい子供のよくある悩み。夏は虫よけ対策や日焼け等のUVカット対策はすごく気になりますよね~。 小さい子供は、血がおいしいせいなのか、すごく蚊に刺されやすいですし、また今の日差し・紫外線はすご~く強く、日焼けで肌がただれてしまうことも少なくありません。特に、小さいうちは皮膚が薄いので、こうした配慮は非常に大切です。   そこで、赤ちゃんの蚊よけとUV対策にダブルケアができる効果的なアイテムがあります。それが、「ALOBABY(アロベビー)」です。 そこで、このA ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/20

片付けない子供の習慣を変える!子供の足がすぐ動く2つの魔法の言葉

  子供は、何かを親に言われてもすぐに動きません。しかし、あることを言うだけで、子供の足がさっと動くようになる魔法の言葉があるんです。   親も中々子供が動かないとストレスを抱えて倒れてしまいます。そんな時にちょこっと子供に一言いうだけで、返られるおすすめテクニックをご紹介していきます。   目次1 子供の足を動かす主な2つの方法2 子供に何かしてほしい時に子供の足を動かす魔法の言葉2.1 競争心を煽るおすすめな一言2.2 子供が楽しいと思えることと引き換えに頑張らせる一言3 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/18

子供がトイレでうんちができるようになるためのおすすめトイトレ法

  2~3歳頃によくある悩み。オムツがとれない。トイレにいかない等色々ありますが、そんな悩みの一つに「うんちをトイレでできるようにさせたい。」でも。トイトレの仕方がわからない。。。 うんちをトイレでできるようにさせたい。 なかなかトイレでできない 悩む女性1 オムツでしてしまって、トイレでしてくれなかったり、うんちがトイレの時だけ、でない。 な~んってこともありますよね~。   そこで、トイレでうんちができるようになるまでの全てを本章でご紹介していこうと思います。   &nb ...

ReadMore

産後の悩み

2021/4/22

赤ちゃんのオムツかぶれ・肌荒れが全て解決!おすすめ予防法・対処法

新生児や乳幼児のうちによくある悩み「オムツかぶれ・肌荒れ」。 赤ちゃんは皮膚が弱く、外的な影響を受けやすいため、オムツかぶれや肌荒れはちょっとしたことで起こります。日常的・定期的なケアがすごく大切ですが、それでも、オムツかぶれや肌荒れは起こっていしまうものなんです。   そんな時にあると便利な赤ちゃんのオムツかぶれ・肌荒れのケアアイテムです。そこで、私の家庭でも利用してかなり効果があったおすすめのケアアイテムをご紹介していきましょう。   目次1 オムツかぶれはどうして起こるの?その主 ...

ReadMore

産後の悩み

2021/3/15

産後の腰痛は骨盤の歪み!家で手軽にできる効果的な対処法

出産が終わって、ホッと一息したいところですが、出産が終わってもまだ体はすぐにもとには戻りません。そんな身体の状態が回復していない中ですぐに育児が待っています。 そんな大変育児の最中に起こる体の悩みの一つに「骨盤の歪み」があります。 骨盤の歪みをそのまま放置しておくと、腰痛になったり、便秘になる等様々な不調が現れてきます。 悩む女性1でも骨盤の歪みを解消するためには、どんな対策をしていけばよいのでしょうか?   しかも骨盤が歪んでいるといっても、歪んでいるかどうかわかりませんよね~。いくみ そこで ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/20

サイレントベビーはなぜ起こる?状態・原因と正しい対処法について

  皆様は「サイレントベビー」という言葉をご存じですか?いくみ 赤ちゃんは、お父さんお母さんが忙しくしていても関係なく、気分が悪くなるとすぐに泣き出しますが、抱っこをしたり、あやしてもらったりすることで安心して泣き止むことができます。 しかし、そんな赤ちゃんとは異なり、おなかが空いても、体調が悪くても、表情一つ変えずに押し黙っていたり、目も合わせなかったり、反応を示してくれない赤ちゃんもいたりすると、親も子育てに対して不安になってしまいますよね~。こうした状態の子供を「サイレントベビー」と言いま ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/3/10

SIDS(乳幼児突然死症候群)とは!その原因と予防法について

皆様は、SIDSという病気をご存じですか?いくみ   あまり聞きなれない言葉ですが、それまで元気だった赤ちゃんが、突然寝ている間になくなってしまう病気です。 いったいどうしてこうした病気が起こってしまうのでしょうか?   目次1 SIDSとは2 SIDSによる年間死亡推移3 SIDSの主な原因とは4 SIDSの発症率を低くする主な予防法・対処法について4.1 1.あおむけで寝かせる4.2 2.寝かせる時に注意点とは4.3 3.タバコをやめよう4.4 4.赤ちゃんを一人にしないで4.5 ...

ReadMore

産後の悩み

【必見】産後の辛い花粉症!薬は使用不可?その正しい対処法とは

 

産後に起こる「花粉症」。

悩む女性1
母乳をあげている際に花粉症になった時どのように対処したらいいの?
普段使用していた花粉症の薬も、授乳中に使用できるのかどうか不安になりますよね?
いくみ

そこで、産後に抱える花粉症の悩みとその対策法についてご紹介していきましょう。

 

産後の花粉症に!薬を使用しても平気?

 

 

まずそもそも産後や授乳中の花粉症に、薬を使うことができるのか❓
いっくん

ですが、これは「YES」!使える薬がありますので、ご安心ください。

 

授乳中の花粉症には、「抗アレルギー薬」が使えることがあります。

 

ポイント

抗アレルギー薬は、ママが使っても母乳に出にくい薬が多く、母乳から赤ちゃんの体内に入ったとしてもその量はわずかなため、花粉症のときに使っても赤ちゃんに影響が出ることはまずないとされています。

 

目薬と点鼻薬で症状が治まらないようであれば、内服薬を使用します。

 

ただし、なかには強い眠気を催す薬もあるので、自分で薬を判断し、市販薬を購入するのはやめましょう!

 

授乳中でも赤ちゃんに問題になることが少ないため、医師と相談の上、授乳を続けながらアレルギー薬を内服してもらう場合も少なくありません。

病院では安全性について確証がとれている情報がある薬が処方されますので、目薬と点鼻薬で花粉症の症状が治まらない方は、かかりつけの産婦人科に受診して相談しましょう。

 

 

妊娠中や産後に使用を注意すべき花粉症の薬とは

 

 

<妊娠中や授乳中に注意すべきの花粉症薬の主な成分とは>

  1. ペミラストロカリウム
  2. フェキソフェナジン塩酸塩
  3. ロラタジン

 

 

1.ペミラストロカリウム

「アレギサール」という名の薬として処方されることがある抗アレルギー薬です。

アレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療に使われることが多いものの、ステロイド薬や抗ヒスタミン薬とは違い、すでに起こっている発作や症状をすぐに軽くしてくれる薬ではありません。

ただしアレギサールの製造元は授乳中の使用を避けるべきだとしているため、医師に使用していいか確認してください。

 

2.フェキソフェナジン塩酸塩

アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の治療用として使われることが多い抗アレルギー薬です。

「アレグラ」という錠剤が代表的な市販薬ですが、製造元は授乳中の使用を避けるべきだとしているため、こちらも使用していいかどうかはかかりつけの医師に相談してください。

 

3.ロラタジン

「クラリチン」という名で市販されている抗アレルギー薬です。

アレルギー性鼻炎や蕁麻疹の治療にも使われますが、製造元は授乳中に使用しないことを推奨しています。

 

産後の花粉症にならないための対策法とは

授乳中に行える花粉症対策の中には、次のように薬を使わずにすむものもあります。

いずれも、花粉になるべく接しないようにするための対策です。

 

<花粉症の対処法とは>

  • マスクをする
  •  外から帰ってきたらうがい、洗顔をする
  • メガネをかける
  • 外出時に帽子をかぶる
  • 乳酸菌摂取によるアレルギー症状の改善
  • 空気清浄機の活用
  • 毛皮のコートを着る場合は静電気防止スプレーをかける

 

1.日々の対策法

これらの対策以外にも、規則正しい生活を送ることやアルコール、タバコを控えること、風邪をひかないことも花粉症を悪化させないためにありきたりな意見ですがすごく重要なことなんです。

私も花粉症対策のために、マスクや眼鏡等の対策は常に行っていますが、花粉が飛ぶ時期は布団をまめに干さないようにしています。

 

空気清浄機等も日々付けながら、花粉やPM2.5や黄砂等様々なアレルギー症状の対策として、空気清浄機は今や欠かせない存在となっています。

 

2.乳酸菌の摂取

そして、特に私がおすすめのアイテムがあります。それが乳酸菌サプリとして注目されているベビー乳酸菌」です。

 

べビー乳酸菌は、病気になりにくい乳児に多く含まれている乳酸菌で、様々なアレルギーに耐性のある乳酸菌として、非常に注目を集めています。

 

 

ちなみに私もかなりひどいブタクサやヒノキのアレルギーを持っているんですが、このベビー乳酸菌を使用してからは、アレルギーに対しての効果がでたのか、アレルギー症状が以前よりも緩和しました。

またそれだけじゃありません。なんか風邪もひきにくくなっていたんです!

いくみ

 

だから、ぜひ同じ悩みをもつ皆様にお伝えしたいと思い、下記記事の執筆に至りました。

もし同じようなお悩みがありご興味がある方は、一度ぜひベビー乳酸菌について調べて見て下さい。

ベビー乳酸菌の使用した体験記事をレビューしましたので、ぜひご確認下さい。

 

 

ベビー乳酸菌の詳細を見る

 

3.空気清浄機の活用

妊娠中や産後に合わせておすすめなのが、【レンタル空気清浄機です。

  • 私も以前までは空気清浄機なんて使ったことがありませんでした。
  • でも妊娠中から産後にかけて、ものすごく免疫力が低下して風邪を引きやすくなったんです!
いくみ

そんな中で、胎児のことも考えて空気清浄機を活用するようになりました。そこで、レンタル空気清浄機がおすすめな理由は、下記4つがあります。

 

レンタル空気清浄機がおすすめな理由

  • 相場25000円ぐらい
  • 妊娠中~産後の1年ぐらい
  • 故障した場合や部品交換時にいつでも可能
  • いつでも解約できる

 

実際に購入してもよいのですが、相場は25000円ぐらいはします。

故障したり、手入れをしっかりしていないとカビが生えることもあるので、そうすると、部品の交換費用や修理代がかかります。

でも、レンタルであれば、いつでも交換できるので、かなり安心ですし、あまり必要がなかったら、解約すればいいので、無駄なメンテナンスや費用がかかりません。

 

私も一度は、空気清浄機を購入しました。でも、あまり手入れをしない時期があり、フィルターがカビてしまったんです。

すると、新しいフィルターにしても、もう内部がカビているので、またすぐにフィルターがダメになりました。

こんな経験をしたことで、空気清浄機は、廃却して、レンタル空気清浄機を利用してみました。

レンタルであれば、月額費用以外にかかることがないですし、フィルター等も定期的に無料で交換できるので、もっと早くこれにしておけばよかったと今は感じています。

いくみ

 

 

花粉症のみならず、色々な面で有効活用できますので、もし空気清浄機を利用されていない方は、妊娠中や産後の間だけでも、検討してみましょう。

 

【おすすめレンタル空気清浄機はこちら】

レンタル空気清浄機の詳細を見る


【シャープ×ダスキンの空気清浄機を一度無料で試したい方はこちら】

レンタル関係を一度試してから、よければ定期的に利用していきたい。

そんな方はこちらで一度試してみるのがおすすめですよ。
いくみ

無料なので、試して利用するのには、非常にありがたいシステムです。

無料で空気清浄機を試すならこちら


 

 

まとめ

授乳中であってもそうでなくても、何より花粉症対策は「予防」が大切です。

日頃からなるべく花粉に接しないようにすることも大切ですが、もし花粉症になってしまったら、すぐに治療を始めましょう。

治療が早ければ早いほど悪化することを防ぐことができます。

「授乳中だからどうせ薬を飲めないし、病院へ行っても意味がない」と思うかもしれませんが、授乳中に使っても問題ないとされている薬もありますので、一度、医師に診てもらいましょう。

 

日頃の対策を心がけ、早く花粉症の症状が軽くなることを心から願っております。

 

※また乳酸菌の摂取には、実はその効果を倍増させる秘密があるんです。その詳細内容は下記でご確認下さい。

➡【必見】乳酸菌の効果を倍増させる㊙テクニックはこちら【現在改定中】

 

【ベビー乳酸菌】

コーヒーが作れる注目のおすすめウォーターサーバー(17000円相当プレゼント)

ウォーターサーバー「フレシャス」

-産後の悩み
-, , ,

Copyright© 育チルケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.