子育ての悩み 産後の悩み

2020/10/2

子育てによる産後うつとはどんな病気?症状・原因・対処法について

出産が終わってホッと一息したいところですが、すぐに育児が待っています。 産後には、日々の赤ちゃんの授乳や夜泣き等で育児疲れが起こり、寝ようにも中々寝ることができくなったり、辛い毎日を過ごされているお母様方も多いです。   そんな時期の身体の異変として怖い症状の一つに「産後うつ」があります。こうした症状が重なっている状況の中で、 user1これって産後うつなの? でも、子供がどうして泣いているのかわからない・・・どうしたらいいの? こんな悩みを感じる方も多く、知らずのうちに自分を責めてしまうあまり ...

ReadMore

おすすめグッズ 妊娠中の悩み

2020/7/23

妊娠中の辛い寝返りに!おすすめエールベベ抱き枕の魅力【レビュー】

妊娠中によくある悩み。お腹が大きくなると、寝ている最中寝返りも打つのが辛~い。 また上向きに寝ていると重さに耐えられるなくて苦しい。そんな風に感じた経験はありませんか?そこで、妊娠中によくある悩みの寝ているときの辛さを少しでも軽減できるアイテムをご紹介していきましょう。   目次1 妊娠中に辛い腰痛と肩こり2 妊娠中で仰向けはお腹が圧迫される3 一番寝やすい寝方について4 妊娠中の寝返りにおすすめアイテム!エールベベ抱き枕のメリットとその効果とは4.1 エールベベ 抱き枕の4つの機能(4WAY) ...

ReadMore

おすすめグッズ 子育ての悩み

2020/6/22

赤ちゃんの夜泣きで困った時の8つの対処法とおすすめ対策グッズ2選

  赤ちゃんのつら~い「夜泣き」。 user1突然泣き出し、あやしてもなかなか泣き止んでくれない。   こんな時ほんとにつらいですよね~。そこで、そんな夜泣きに困った時に活用できる8つの対処法と解消できるおすすめ対策グッズを2つご紹介していこうと思います。   皆様なの夜泣きに困った時のアイテムとしてぜひ活用してみて下さい。   目次1 初産の場合は気にしすぎが多い2 まずは基本的な対処から3 無料でもできるおすすめ対処法8選3.1 抱っこであやす際、場所変えてみま ...

ReadMore

産後の悩み

2020/6/12

【産後の切れ痔】痛みの軽減と悪化させないおすすめ対処法とは

皆様は実は出産後、痔に悩まされるお母様方が多いのはご存じでしたか? 実は、一度痔を患ってしまうと痔そのものが、恥ずかしかったり、育児に余裕が持てず、自分のケアに気が回らないため、症状が悪化してしまう人も多いようです。   しかし、痔を侮ってはいけません。いくみ 痔は症状が悪化すると、寝ていられないほどの痛みを伴うため、放置せずにきちんと治すことが大切なんです。 そこで、産後になりやすい痔の原因や治し方、痔を悪化させないためのポイントをご紹介していきましょう。   目次1 妊娠中や出産後 ...

ReadMore

子育ての悩み

2020/6/20

【必見】赤ちゃんの夜泣きが止まる!実際効果があったおすすめ対策法

  赤ちゃんが突然泣き止まなくなる「夜泣き」。 実際に夜泣きで泣いているのか、それとも普通に泣いているのか、どのようにして見分けるのかよくわからないですよね~。 いくみ 赤ちゃんの夜泣きって何で判断するの? どうやって泣き止ませればいいの? そこで、実際に効果があった赤ちゃんが泣き止む夜泣き対策方法についていくつかご紹介していきましょう。   目次1 夜泣きって2 基本的な泣きと夜泣きを見分けるポイントとは2.1 夜泣きと一般的に泣いている場合の見分けるポイント2.2 基本ベースでなく ...

ReadMore

妊娠中の悩み

2020/6/16

授乳中の辛い腹痛!正露丸やビオフェルミン等の便秘薬や薬は飲んでも平気なの?

皆様は、妊娠中にお腹が痛くなった経験はございませんか? 普段であれば、すぐ飲める腹痛薬も、授乳中になると母乳への影響も気になってしまいますよね。   user1妊娠中は、腹痛薬を飲んだらダメなの? そこで、今回は、妊娠中でも腹痛薬を飲んでも平気なのかどうかについて詳しく解説していきましょう。   目次1 妊娠中に便秘薬や下痢止めの飲用に注意が必要な理由とは1.1 下痢止めや便秘薬の使用が懸念される主な理由とは1.2 妊婦の症状や月齢に応じて使用量の調整が大切2 妊娠中に起こる腹痛は薬で ...

ReadMore

おすすめグッズ 産後の悩み

2020/6/16

【人気沸騰中】母体と乳児の体質ケアに効果絶大!おすすめベビー乳酸菌の魅力

赤ちゃんが生まれた時に小児ぜんそくやアトピーやアレルギー等の病気にならないか気になりますよね~。 赤ちゃんの免疫力を高めるためには、母乳の質も非常に重要なんです。いくみ   又産後には、お母様もホルモンバランスが大きく変化するため、便秘やストレスを抱えがち。 便秘やストレスは、母乳の質にも大きく影響を与えます! そこで、そんなお悩みの方に 産後のお母様の体質・腸内環境をサポートしたり 母体や赤ちゃんのアトピーやアレルギー 免疫力向上   等に効果があるサプリがあるんです!また一般の方に ...

ReadMore

産前の悩み 産後の悩み

2020/6/12

【産後の辛い花粉症の方必見】薬を使っても平気?そのおすすめ対処法

  産後に起こる「花粉症」。 user1母乳をあげている際に花粉症になった時どのように対処したらいいの? 普段使用していた花粉症の薬も、授乳中に使用できるのかどうか不安になりますよね?いくみ そこで、産後に抱える花粉症の悩みとその対策法についてご紹介していきましょう。 目次1 産後の花粉症って?薬を使用しても平気2 妊娠中や産後に使用を注意すべき花粉症の薬とは2.1 1.ペミラストロカリウム2.2 2.フェキソフェナジン塩酸塩3 産後の花粉症にならないための対策法とは3.1 1.日々の対策法3. ...

ReadMore

妊娠中の悩み

授乳中の辛い腹痛!正露丸やビオフェルミン等の便秘薬や薬は飲んでも平気なの?

皆様は、妊娠中にお腹が痛くなった経験はございませんか?

普段であれば、すぐ飲める腹痛薬も、授乳中になると母乳への影響も気になってしまいますよね。

 

user1
妊娠中は、腹痛薬を飲んだらダメなの?

そこで、今回は、妊娠中でも腹痛薬を飲んでも平気なのかどうかについて詳しく解説していきましょう。

 

妊娠中に便秘薬や下痢止めの飲用に注意が必要な理由とは

 

それでは、どうして授乳中では便秘薬や下痢止めの飲用には注意が必要と言われているのなぜなのでしょうか?

 

下痢止めや便秘薬の使用が懸念される主な理由とは

 

ポイント

  • 胎児の身体に影響がある成分が存在するため
  • 子宮の収縮を促し、流産のリスクがあるため
  • 妊婦の症状や状況に応じた使用量を調整することが大切

 

実は市販されている薬には、母乳や赤ちゃんに悪い影響を与える成分が含有されてないとは言い切れないためなんです。

いっくん

 

 

例えば、その一つの例に正露丸があります。正露丸には、下痢を抑えるための成分が含有されています。

 

注意ポイント

ロートエキス

正露丸にもいくつか種類がありますが、正露丸に含有される成分の中に、「ロートエキス」というものがありますが、これは、赤ちゃんの血圧をあげてしまう成分の一つです。

こういったものが入っているため、個人の判断で市販薬を使用することは良くないのです。

但し、正露丸にもいくつか種類がありますので、妊娠中にでも使用できるロートエキスを含まないものがありますので、しっかり確認することが大切なんです。

妊婦の症状や月齢に応じて使用量の調整が大切

また産婦人科でもらえる便秘薬と全く同じ成分の市販薬であったとしても、あなたの症状によってその成分の用法用量が異なります。

 

自分の判断だけで市販薬を服用すると、お腹が張ったり痛みを伴うことが場合によって起こるのです。

最悪の場合は刺激性便秘薬の瀉下作用による早産や流産の可能性があります。

 

妊娠中に起こる腹痛は薬で対処してもいいの?

user1
それでも、腹痛が起こった場合、我慢するのは辛いですよね~。 こんな時、腹痛は、薬で抑えることは、やっぱり良くないのでしょうか?

 

ポイント

使ってもよいです!

 

実は、薬で対処しても問題はないんですね。
いくみ

 

あまりにも長期的な便秘や下痢が続いたら辛いですよね~。

日常生活のケアで対処ができないのであれば、薬を服用して下さい。

しかし、それには正しい知識を持ったうえで、薬を服用するようにしていきましょう。

 

薬で対処する際の3つのポイントとは

もし薬を使用したいと感じた場合には、3つのことに注力して下さいね。

ポイント

<薬で対処する際の3つのポイントとは>

  1. 赤ちゃんの身体に影響があるかどうかしっかり確認する
  2. 市販薬の場合は、調剤師のいる調剤薬局で確認し、購入する
  3. 医師の診察の上、薬を処方してもらう

 

授乳中の場合は特に、赤ちゃの身体にも影響する可能性がありますので、どんな成分が影響するのかを調べる必要性があります。

 

妊娠中でも市販の便秘薬は服用することは可能です。

ただし、必ず薬剤師のいる調剤薬局で購入してください。

薬剤師には妊娠の種数や症状を細かく伝えて相談したうえで、購入して服用することが大切です。

 

もしその腹痛が排便で解消されるものであれば、産婦人科での診察を待てるのであれば、待つ方がよいです。

産婦人科で薬を処方してもらうことが最もベストな方法です。

自分勝手な判断ではなく、あなたの体調を管理してくれている専門家の意見の元、薬を処方してもらう方が安心ですよね。

 

 

妊娠中の便秘薬で使用に注意が必要な薬とは

注意が必要な便秘薬・下剤があります。それは、下記2つです。

 

注意ポイント

  • プルゼニド
  • ラキソベロン

プルゼニドやラキソベロンは、他の便秘薬と比較してもかなり強力な刺激性下剤となります。

これらの下剤は、便秘や下痢の改善に効果がありますが、利用することに慣れてしまうと、大量に服用することで子宮の収縮を誘発し、流早産の危険性を高めてしまいますので、注意しましょう。

瀉下作用は便秘薬だけじゃありません。

便秘改善目的のお茶やアロエにも含まれていますので、過剰摂取等には十分注意しましょう。

 

アロエ(胎盤を通過し、胎児の腸を刺激し胎糞を排出させる)、ヒマシ油(子宮運動に対する刺激作用の可能性あり)は使用しないこと。

かかりつけの産科に電話でも構いませんので、必ず相談するようにしましょう。

 

 

妊娠中の便秘薬で使用してもよい便秘薬「酸化マグネシウム」

それでは、妊娠中に使用してもよい便秘薬はどれを使用すればよいのでしょうか?

 

それには、下記3つの商品が

  • 「ビオフェルミン」
  • 「ラックビー」
  • 「ミヤBM

は利用して問題ありません。あくまで整腸剤ですので、下剤としての効果はありません。そんな中で市販の便秘薬として最も安全なのが下記になります。

便秘薬としておすすめ

  • 酸化マグネシウム

 

 

 

それが、酸化マグネシウムです。

 

酸化マグネシウムは、妊娠中に利用しても、どれも安全とされております。

また市販の便秘薬に含まれるセンナ、ビサコジルも安全ではありますが、薬に依存するのではなく、まず、適切な食事・水分摂取・運動で腸内環境を整えていくことが大切です。

 

産婦人科で処方してもらえる妊娠中の便秘薬

 

産婦人科で処方しているのは、酸化マグネシウムやピコスルファートナトリウム水和物を主成分とした便秘薬です。

  • 酸化マグネシウム
  • ピコスルファート

 

1.マグミット・マグラックス

主な成分は酸化マグネシウムで、便を柔らかくして膨張させ腸に刺激を与えることで排便を促します。

 

2.ラキソベン・ラキソベロン

ピコスルファートナトリウム水和物が主成分で、腸のぜんどう運動を亢進させて、水分吸収を阻害して排便させる作用があります。

 

 

授乳中に正露丸は飲んでも平気?

 

正露丸の中にも様々な種類の正露丸があり、その中でも授乳中に飲んでも問題ない正露丸が存在しますので、そういったものを選んで、飲むようにしましょう。

 

■<授乳中に摂取可能なものとは>

正露丸商品 利用可否
正露丸糖衣A
正露丸
イヅミ正露丸 ×
キョウトク正露丸 ×

 

上記2つは、赤ちゃんに影響が出る様な成分は含まれていないようですが、イヅミ正露丸には、ロートエキスという成分が含有されているため、母乳を介して乳児の脈が速くなったり、母乳が出にくくなる可能性があるため服用しないように注意しましょう。

又正露丸は、皆様もご存知の通り、非常に臭いが強い薬です。赤ちゃんに影響がないといえでも、母乳に味が影響してしまう可能性があり、これによって、母乳を飲まなくなる可能性がありますので、飲用は控えた方がよいとも言われています。

 

授乳中にビオフェルミンは飲んでも平気?

 

又ビオフェルミンも同様です。ビオフェルミンの中にも様々な種類のものがあります。

■<授乳中に摂取可能なビオフェルミンは?>

ビオフェルミン 利用可否
新ビオフェルミンS錠
ビオフェルミン  ×
ビオフェルミンR錠 ×
ビオフェルミン下痢止め ×

 

 

市販として販売されている整腸剤である新ビオフェルミンS錠は、腸内にいる乳酸菌を製剤にしただけですので、赤ちゃんには影響がありません。

但し、ビオフェルミン下痢止めにはロートエキスが含有されているため、授乳中には服用することはできません。

ちなみに私は、授乳中に新ビオフェルミンS錠を使用していましたが、特に大きな影響はありませんでしたよ。

 

授乳中に腹痛になった場合にまずすべきこととは

授乳中にもし腹痛が起こった場合には、すぐ市販薬を服用するのは避けましょう。一番良い判断は、

 

まずはかかりつけの産婦人科へ!

 

 

市販薬には、母乳を介して赤ちゃんに影響が出てしまうものあるため、自己判断で使用するのではなく、正しい情報を理解した上で医師と相談してから決めるようにしましょう。

又腹痛が起こった場合、その腹痛がもしかしたらウィルス性の病気かもしれません。そういった場合、ビオフェルミンで効くはずがありません。特に授乳中は、必ず病院へ行き、正しい判断のもと薬を服用するようにしましょう。

 

継続的なケアとして腹痛にならないためのおすすめアイテム

便秘にならないためには、まず日常的な管理を徹底することが非常に大切です。

  • 水分摂取
  • 腸内環境の改善

です。

ただ日常生活の中で、食材や水分を定期的に摂取するのって、結構難しいですよね~。
いっくん

薬を使うことに抵抗がある方や便秘にならないための対策の一つとして、サプリメントの使用をおすすめします。

実は、私も下記2つのサプリメントを活用していた人の一人で、妊娠中から日々便秘の解消や腸内環境改善にも非常に助けられました。

そのおすすめアイテムがこちら。

 

<妊娠中におすすめの便秘改善アイテム>

  • ベビー乳酸菌
  • カイテキオリゴ

 

私は、授乳中からこの「ベビー乳酸菌」や「カイテキオリゴ」を欠かさず使用しており、この2つは、副作用のない安心安全な定期的に継続して利用できる腸活アイテムです。

私自身もこれを摂取することで、風邪もひきにくくなり、産後にも継続して利用しています。今では便秘がなくなり、非常に毎日助かっています。

もし便秘になりやすく、日々便秘にお困り・お悩みの方は、日常的な腸活改善に取り組みましょう。

 

まとめ

 

妊娠中や授乳中に腹痛が起こった場合は、まず病院で処方されたものを服用することをおすすめします。

そして、なるべく自然由来の食材や乳酸菌サプリやカイテキオリゴを利用して日々の腸活を行い、便秘にならない体づくりを目指していきましょう。

-妊娠中の悩み
-, , , ,

Copyright© 育チルnet , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.