子育ての悩み 産後の悩み

2020/10/2

子育てによる産後うつとはどんな病気?症状・原因・対処法について

出産が終わってホッと一息したいところですが、すぐに育児が待っています。 産後には、日々の赤ちゃんの授乳や夜泣き等で育児疲れが起こり、寝ようにも中々寝ることができくなったり、辛い毎日を過ごされているお母様方も多いです。   そんな時期の身体の異変として怖い症状の一つに「産後うつ」があります。こうした症状が重なっている状況の中で、 user1これって産後うつなの? でも、子供がどうして泣いているのかわからない・・・どうしたらいいの? こんな悩みを感じる方も多く、知らずのうちに自分を責めてしまうあまり ...

ReadMore

おすすめグッズ 妊娠中の悩み

2020/7/23

妊娠中の辛い寝返りに!おすすめエールベベ抱き枕の魅力【レビュー】

妊娠中によくある悩み。お腹が大きくなると、寝ている最中寝返りも打つのが辛~い。 また上向きに寝ていると重さに耐えられるなくて苦しい。そんな風に感じた経験はありませんか?そこで、妊娠中によくある悩みの寝ているときの辛さを少しでも軽減できるアイテムをご紹介していきましょう。   目次1 妊娠中に辛い腰痛と肩こり2 妊娠中で仰向けはお腹が圧迫される3 一番寝やすい寝方について4 妊娠中の寝返りにおすすめアイテム!エールベベ抱き枕のメリットとその効果とは4.1 エールベベ 抱き枕の4つの機能(4WAY) ...

ReadMore

おすすめグッズ 子育ての悩み

2020/6/22

赤ちゃんの夜泣きで困った時の8つの対処法とおすすめ対策グッズ2選

  赤ちゃんのつら~い「夜泣き」。 user1突然泣き出し、あやしてもなかなか泣き止んでくれない。   こんな時ほんとにつらいですよね~。そこで、そんな夜泣きに困った時に活用できる8つの対処法と解消できるおすすめ対策グッズを2つご紹介していこうと思います。   皆様なの夜泣きに困った時のアイテムとしてぜひ活用してみて下さい。   目次1 初産の場合は気にしすぎが多い2 まずは基本的な対処から3 無料でもできるおすすめ対処法8選3.1 抱っこであやす際、場所変えてみま ...

ReadMore

産後の悩み

2020/6/12

【産後の切れ痔】痛みの軽減と悪化させないおすすめ対処法とは

皆様は実は出産後、痔に悩まされるお母様方が多いのはご存じでしたか? 実は、一度痔を患ってしまうと痔そのものが、恥ずかしかったり、育児に余裕が持てず、自分のケアに気が回らないため、症状が悪化してしまう人も多いようです。   しかし、痔を侮ってはいけません。いくみ 痔は症状が悪化すると、寝ていられないほどの痛みを伴うため、放置せずにきちんと治すことが大切なんです。 そこで、産後になりやすい痔の原因や治し方、痔を悪化させないためのポイントをご紹介していきましょう。   目次1 妊娠中や出産後 ...

ReadMore

子育ての悩み

2020/6/20

【必見】赤ちゃんの夜泣きが止まる!実際効果があったおすすめ対策法

  赤ちゃんが突然泣き止まなくなる「夜泣き」。 実際に夜泣きで泣いているのか、それとも普通に泣いているのか、どのようにして見分けるのかよくわからないですよね~。 いくみ 赤ちゃんの夜泣きって何で判断するの? どうやって泣き止ませればいいの? そこで、実際に効果があった赤ちゃんが泣き止む夜泣き対策方法についていくつかご紹介していきましょう。   目次1 夜泣きって2 基本的な泣きと夜泣きを見分けるポイントとは2.1 夜泣きと一般的に泣いている場合の見分けるポイント2.2 基本ベースでなく ...

ReadMore

妊娠中の悩み

2020/6/16

授乳中の辛い腹痛!正露丸やビオフェルミン等の便秘薬や薬は飲んでも平気なの?

皆様は、妊娠中にお腹が痛くなった経験はございませんか? 普段であれば、すぐ飲める腹痛薬も、授乳中になると母乳への影響も気になってしまいますよね。   user1妊娠中は、腹痛薬を飲んだらダメなの? そこで、今回は、妊娠中でも腹痛薬を飲んでも平気なのかどうかについて詳しく解説していきましょう。   目次1 妊娠中に便秘薬や下痢止めの飲用に注意が必要な理由とは1.1 下痢止めや便秘薬の使用が懸念される主な理由とは1.2 妊婦の症状や月齢に応じて使用量の調整が大切2 妊娠中に起こる腹痛は薬で ...

ReadMore

おすすめグッズ 産後の悩み

2020/6/16

【人気沸騰中】母体と乳児の体質ケアに効果絶大!おすすめベビー乳酸菌の魅力

赤ちゃんが生まれた時に小児ぜんそくやアトピーやアレルギー等の病気にならないか気になりますよね~。 赤ちゃんの免疫力を高めるためには、母乳の質も非常に重要なんです。いくみ   又産後には、お母様もホルモンバランスが大きく変化するため、便秘やストレスを抱えがち。 便秘やストレスは、母乳の質にも大きく影響を与えます! そこで、そんなお悩みの方に 産後のお母様の体質・腸内環境をサポートしたり 母体や赤ちゃんのアトピーやアレルギー 免疫力向上   等に効果があるサプリがあるんです!また一般の方に ...

ReadMore

産前の悩み 産後の悩み

2020/6/12

【産後の辛い花粉症の方必見】薬を使っても平気?そのおすすめ対処法

  産後に起こる「花粉症」。 user1母乳をあげている際に花粉症になった時どのように対処したらいいの? 普段使用していた花粉症の薬も、授乳中に使用できるのかどうか不安になりますよね?いくみ そこで、産後に抱える花粉症の悩みとその対策法についてご紹介していきましょう。 目次1 産後の花粉症って?薬を使用しても平気2 妊娠中や産後に使用を注意すべき花粉症の薬とは2.1 1.ペミラストロカリウム2.2 2.フェキソフェナジン塩酸塩3 産後の花粉症にならないための対策法とは3.1 1.日々の対策法3. ...

ReadMore

子育ての悩み

赤ちゃんのゲップはきちんと出そう!きちんと出すためのテクニックとは

出産が終わるとすぐに赤ちゃんへの授乳が始まります。

 

赤ちゃんには母乳やミルクをあげたら、ゲップをさせなくてはいけないというのを皆様はご存じでしたか?
いくみ

 

授乳ができても、赤ちゃんはゲップがでなくて苦しんでしまうことがあるため、このゲップで悩むママは多いようです。

そこで、赤ちゃんのゲップをさせるポイントやでない時の対処法についてご紹介していきましょう。

 

強制的にゲップを出さなくてはいけない理由とは

赤ちゃんにゲップをさせなくてはいけいない理由には、主に下記の理由が挙げられます。

 

 

<ゲップを出させる理由とは>

・ミルクや母乳と一緒に空気を飲み込みやすいため

 

赤ちゃんは、ミルクや母乳と一緒に空気を飲み込みやすく、この余分な空気を胃から出してあげるためです。

赤ちゃんはのどの構造が大人と異なり、基本的に鼻から息をしているため、息継ぎをしなくてもミルクや母乳を飲み続けることができるのですが、一度飲み込んでしまった空気をうまく出すことができないんです。

 

ゲップが出ないとどうしてダメなの?

user1
そもそも赤ちゃんはどうしてゲップをさせないとダメなんでしょうか?

 

ポイント

<ゲップが出ないといけない理由とは>

  • 空気と一緒に飲んだものを吐き戻してしまう
  • 器官に飲んだものが詰まってしまう
  • お腹にガスが溜り、不快感になる

 

 

ゲップが出ないと、空気と一緒にミルクや母乳を吐き出して、栄養が足りなくなったり、吐いたものが戻って、気道が詰まってしまったりする可能性もあります。

ゲップをさせることは赤ちゃんの身体にとってとても大切なことです。初めからうまくはできなませんので、そのゲップを出させるポイントをいくつかご紹介していきましょう。

 

ゲップを出させる2つのポイントとは

 

赤ちゃんにゲップをさせるといっても、初めてのことだと簡単ではありません。

慣れるまではパパの助けが必要になるかもしれません。

ここでは、赤ちゃんにゲップをさせるコツをご紹介します。自分に合った方法を見つけてくださいね。

 

ポイント

<ゲップを出させる2つのポイントとは>

  • 肩の上に頭がいくような感じで縦抱きで背中を叩いたり、さすったりする
  • うつぶせ抱きで背中を軽く叩く

 

1.縦抱きで背中をトントンする

赤ちゃんの頭を支えて胸、または肩まで抱き上げ、背中を優しくトントンと叩いてあげます。

背中を強く叩くと赤ちゃんの負担になるので、軽く叩いてあげることが大切です。

ゆっくりと胃から首の後ろあたりまで、手のひら全体で下から上にさすってあげましょう。空気を上げるような気持ちで優しくさすってあげるのがポイントです。

ゲップをさせると一緒に母乳やミルクが出ることもありますので、肩にタオルやガーゼを乗せてから背中をさすってあげましょう。

2.うつぶせ抱きで背中をトントンする

赤ちゃんを膝のうえに乗せて、赤ちゃんの前側に腕をまわし、うつぶせのようなかたちで抱っこします。

このとき赤ちゃんの口と鼻がふさがらないように注意しながら、背中を優しくトントンと叩いてあげましょう。

またこの際、とてもおすすめな方法があります。

 

というのも、なかなかゲップがでないこともあり、ずっとやっていると腕が上がらなくなってしまうんです!
いくみ

 

そこで、おすすめなのが、「授乳クッション」です。

 

上に赤ちゃんをのせることができるので、力を入れずに行うことができます。

色々なことに利用することができるので、1つあるだけでとても便利なんです。

私も、授乳クッションは、妊娠中や授乳中に手放せなかったアイテムの一つでしたので、まだ利用されていない方はぜひ一度試してみて下さい。

特に、このDoriDoriの授乳クッションや育児グッズ、インテリアはデザイン性が抜群!おすすめなのでぜひ見て見て下さい。

 

DoriDoriの公式サイトで見る

 

DoriDori【公式】
 

 

ゲップにおける注意点とは?

ゲップをさせるときの注意点は、ゲップが出ないからといって、強く叩いたり無理にさするような行為は絶対にやめましょう。

強く刺激すれば出るというものではなく、これはその時その時で違うので、いつもと違う位置や角度からさすってみたり、工夫してみましょう。

 

それでもゲップが出なかった場合の対処法について

もしそれでもゲップが出ないこともありますので、無理やり出させようと強くトントンしたり、出るまでトントンし続ける行為は絶対にやめましょうね。

 

ポイント

<それでもゲップが出ない時のポイント>

  1. 一度やめましょう
  2. 右側を下にして仰向けに
  3. おならが出ていれば問題なし
  4. 寝ている時に吐いてしまったら、顔と身体を横向きに寝かせましょう!

 

うまく母乳やミルクを飲めて、空気が入っていないことがあります。

又知らぬ間に出ていることや、抱っこの体勢を変えた途端に、自然に出てくることも。苦しそうにしていなければ、一度様子を見てください。

様子を見るときは、体の右側を下にして、背中に丸めたバスタオルを挟んで寝かせてあげましょう。

 

腸につながる胃の出口が右側にあるので、右側を下にして寝かすと消化がしやすくなります。

 

余分な空気はおならで出てくることもあるので、いつもよりおならが出ていれば問題ないこともありますよ。

 

寝ているときに母乳やミルクを吐いてしまった場合、喉に詰まってしまう恐れがあるので、顔と身体を横に向けて寝かせるのを忘れないでくださいね。

 

赤ちゃんのゲップの終了時期とは

user1
赤ちゃんはいったいどれくらいの期間で、ゲップをしなくなるのでしょうか?

 

赤ちゃんの胃が大きくなり、ゲップを出さなくなる時期は、主に下記の様な時期が目安となります。

 

参考

<赤ちゃんのゲップの終了時期について>

  • 赤ちゃんのゲップの終了時期:早くても生後3~4ヶ月頃
  • 平均的な時期:生後5~6ヶ月頃

 

首がすわりだしたり、寝返りができるようになると、空気を飲まずにミルクや母乳を飲むことができるようになります。それがだいたい生後半年ぐらいです。

またゲップをするコツを体が覚え、自然と出てくるようになります。

 

縦抱っこしても何も出てこないことが増えたら、ゲップをさせるのを止めても良いでしょう。

げっぷが出なくて苦しそうにしている場合や、不快な様子が見られる場合は、時期に関係なくげっぷをさせてあげます。生後8ヶ月頃までげっぷの補助が必要な子も少なくありませんよ。

 

病気の可能性も

 

新生児や赤ちゃんの胃は大人と違い、蓋がないとっくりのような形をしています。

入り口を締める筋肉が十分に発達していないので、ちょっとした体の動きでも吐きやすくなっているのが特徴です。

しかし、なかには病気などの可能性もあるので、以下の状況に注意してください。

 

注意ポイント

<ゲップをする場合の注意点とは>

  • 飲みすぎや体勢の変化
  • 病気の場合

 

1.飲み過ぎや急な体勢の変化が原因の場合

口から垂れるようにミルクを吐くときや、少し勢い良く吐いても、その後に不快な様子が見られず顔色が良い場合は様子をみましょう。飲み過ぎや体勢の変化で気持ち悪くなっていると考えられます。

ミルクや母乳をしっかり拭き取り、しばらく縦抱きにして落ち着かせてあげましょう。

新生児の一ヶ月検診で体重が増えているのなら、しっかり飲めている証拠です。

 

2.病気の可能性がある場合

ミルクや母乳を噴水のように勢いよく吐くことが続く場合、「幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)」の可能性があります。

胃の出口(幽門)が狭くミルクが詰まってしまい、悪化すると血が混ざっていることや、胆汁が混ざって緑色っぽくなることがあります。

顔色も悪く、体重もあまり増えません。いつもと違う様子が見られたら、病院を受診しましょう。

 

まとめ

このように、胃が成長していない乳幼児の時期において、ゲップが出るのは自然のことです。

基本的にゲップをすることは、自然のことなので心配する必要性はありません。

但し、場合によっては、重大な別の病気が隠されている場合がありますので、しっかり赤ちゃんの様子を確認しながら、上記方法を試していきましょう。

赤ちゃんがどんな時に泣いたり泣き止んだりするのかを反応を伺いながら、対処法を考えていくことがとても大切になることを覚えておきましょうね。

-子育ての悩み
-, ,

Copyright© 育チルnet , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.