おすすめグッズ 口臭 子育ての悩み

2021/6/2

【2021年】子供の口臭がひどい!10の原因とおすすめケア3選

悩むサラリーマン1朝起きたら、子供の口が臭い! 4歳の我が子の口の臭いがいつの日か突然ひどくなり、私もびっくりしました。ある時から、突然寝て起きた後に非常に口が臭くなってしまったんです。 しかも、一時だけかと思いきや朝起きると、毎日口臭が出てしまっていて、これは大変。 お子様を持つ皆様には、そんな子供の口臭に悩んだ経験はありませんか?いくみ そこで、 悩むサラリーマン1 子供の口臭の原因ってなんだろう? 子供の口臭の治し方ってどうすればいいの? そんな子供の口臭を改善するために行った対処法を皆様にご紹介し ...

ReadMore

子育ての悩み 脂漏性乳児湿疹

2021/5/26

脂漏性湿疹は赤ちゃんに多い皮膚炎!脂の塊の原因とおすすめの治し方

  0~3歳頃によくある悩み。乳児や子供の体質によって症状が現れてくる子供の頭にできる脂の塊「脂漏性湿疹」。   悩む女性1 この脂漏性湿疹っぽいんだけど、放置していて平気なの? どうやって治すの? そんな悩みも少なくありません。そこで、この脂漏性湿疹の治し方やよりよいケアアイテムについてご紹介していきましょう。   目次1 脂漏性湿疹とは・・・2 脂漏性湿疹の主な原因3 脂漏性湿疹の主な症状とは4 脂漏性湿疹の主な発症時期と改善期間4.1 発症時期について4.2 回復期間に ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/5/24

日焼け止めの選び方!SPFとPAの違いと基準を正しく理解せよ

夏の暑い日差しは、大人にも赤ちゃんの天敵。そんな時のケアアイテムとして効果的な「日焼け止め」ですが、 悩む女性2 日焼け止めの選び方において、何を基準に選べばいいの? そんな悩みを持たれる方も非常に多いです。 いっくん 日焼け止めを選ぶ際には、SPF値とPA値という指標があります。 この2つを基準にして日焼け止めを選んでいくわけですが、そこで、このSPFとPAの違いとその指標を基にした子供から大人まで年代別の日焼け止めの選び方を詳しく解説していこうと思います。   目次1 人の身体に害を及ぼす紫 ...

ReadMore

おすすめグッズ 子育ての悩み 日焼け・UV対策

2021/6/2

赤ちゃんの夏の蚊よけ・UV対策ダブルケア!おすすめアロベビーの魅力

  夏になると赤ちゃんや小さい子供のよくある悩み。夏は虫よけ対策や日焼け等のUVカット対策はすごく気になりますよね~。 小さい子供は、血がおいしいせいなのか、すごく蚊に刺されやすいですし、また今の日差し・紫外線はすご~く強く、日焼けで肌がただれてしまうことも少なくありません。特に、小さいうちは皮膚が薄いので、こうした配慮は非常に大切です。   そこで、赤ちゃんの蚊よけとUV対策にダブルケアができる効果的なアイテムがあります。それが、「ALOBABY(アロベビー)」です。 そこで、このA ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/20

片付けない子供の習慣を変える!子供の足がすぐ動く2つの魔法の言葉

  子供は、何かを親に言われてもすぐに動きません。しかし、あることを言うだけで、子供の足がさっと動くようになる魔法の言葉があるんです。   親も中々子供が動かないとストレスを抱えて倒れてしまいます。そんな時にちょこっと子供に一言いうだけで、返られるおすすめテクニックをご紹介していきます。   目次1 子供の足を動かす主な2つの方法2 子供に何かしてほしい時に子供の足を動かす魔法の言葉2.1 競争心を煽るおすすめな一言2.2 子供が楽しいと思えることと引き換えに頑張らせる一言3 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/18

子供がトイレでうんちができるようになるためのおすすめトイトレ法

  2~3歳頃によくある悩み。オムツがとれない。トイレにいかない等色々ありますが、そんな悩みの一つに「うんちをトイレでできるようにさせたい。」でも。トイトレの仕方がわからない。。。 うんちをトイレでできるようにさせたい。 なかなかトイレでできない 悩む女性1 オムツでしてしまって、トイレでしてくれなかったり、うんちがトイレの時だけ、でない。 な~んってこともありますよね~。   そこで、トイレでうんちができるようになるまでの全てを本章でご紹介していこうと思います。   &nb ...

ReadMore

産後の悩み

2021/4/22

赤ちゃんのオムツかぶれ・肌荒れが全て解決!おすすめ予防法・対処法

新生児や乳幼児のうちによくある悩み「オムツかぶれ・肌荒れ」。 赤ちゃんは皮膚が弱く、外的な影響を受けやすいため、オムツかぶれや肌荒れはちょっとしたことで起こります。日常的・定期的なケアがすごく大切ですが、それでも、オムツかぶれや肌荒れは起こっていしまうものなんです。   そんな時にあると便利な赤ちゃんのオムツかぶれ・肌荒れのケアアイテムです。そこで、私の家庭でも利用してかなり効果があったおすすめのケアアイテムをご紹介していきましょう。   目次1 オムツかぶれはどうして起こるの?その主 ...

ReadMore

産後の悩み

2021/3/15

産後の腰痛は骨盤の歪み!家で手軽にできる効果的な対処法

出産が終わって、ホッと一息したいところですが、出産が終わってもまだ体はすぐにもとには戻りません。そんな身体の状態が回復していない中ですぐに育児が待っています。 そんな大変育児の最中に起こる体の悩みの一つに「骨盤の歪み」があります。 骨盤の歪みをそのまま放置しておくと、腰痛になったり、便秘になる等様々な不調が現れてきます。 悩む女性1でも骨盤の歪みを解消するためには、どんな対策をしていけばよいのでしょうか?   しかも骨盤が歪んでいるといっても、歪んでいるかどうかわかりませんよね~。いくみ そこで ...

ReadMore

乳腺炎 産後の悩み

【注目】乳腺炎が軽減した!症状とおすすめケア商品・対処法と予防法

出産が終わってほっと一息。しかし、その直後からすぐに待っている「子育て・育児」。そんな子育てや育児の悩みの一つに「乳腺炎」があります。

赤ちゃんに成長に欠かせない母乳ですが、そんな母乳にも様々な悩みがあります。

悩む女性3
ある日突然母乳がなんか出にくくなったかな~?
そんな風に感じる方も少なくないんです!
いくみ

 

そんな詰まりを放置しておくと、「乳腺炎」になってしまうかもしれません。

 

一度乳腺が詰まってしまうと、胸は腫れ、熱をもったりして痛みを伴います。最悪の場合、切開することにもなりますので、しっかりと日々の予防や対処が重要なんです。そこで、

 

  • 乳腺炎にならないために
  • もし乳腺炎になった時のために

 

いったいどんな対処・予防をしたらよいのか、私の実体験も合わせてそのより良いケアの仕方についてて詳しく解説していこうと思います。

 

 乳腺炎はどうして起こるの?

 

悩む女性1
そもそもどうして乳腺炎は起こるのでしょうか?
皆様は母乳って何から作られているかわかりますか?実は、皆様の「血液」から作られているんです!
いくみ

 

妊娠中は、特にこの血液がドロドロだと良質な母乳が作られにくくなってしまうんです。その要因には、下記2つが起因しています。

 

  • 食生活の影響
  • ストレス
特に授乳中に脂ものを多く摂取すると、詰まりやすくなると聞いたことはございませんか?
いくみ

 

脂ものを多く摂取すると、乳脂肪分の粒のようなものができてしまい、乳腺が詰まりやすくなるんです。

つまり、母乳の状態は、あなたの血液の状態を意味しています。だからこそ、授乳中の血行の良し悪しは、赤ちゃんの母乳の飲み具合にも左右してくるため、血液をサラサラにするような食生活を心がける必要性があるんです。

乳腺炎は血行とは深いつながりが。知っておいて欲しい乳腺炎と血行の関係性をお伝えしていきましょう。

 

乳腺炎の主な症状

まず乳腺炎の症状には、主に下記のような症状が挙げられます。

 

 

乳腺炎の主な症状とは

  • 母乳のつまり
  • 胸の腫れ
  • 胸の痛み
  • 胸の赤み
  • 胸の熱

 

まず、乳腺炎になったら上記のような症状が出てきます。まず起こる症状として、母乳が詰まって、胸が張り、小さな痛みがでてきます。

更に悪化すると胸に熱を持つようになり、又赤みと猛烈な痛みが出始めてきます。まず母乳が詰まった段階で乳腺炎の初期症状と理解して下さい。この時点でケアをしないとどんどん悪化していきます。

 

乳腺炎には胸が「熱くなる場合」と「熱くならない場合」がある!

乳腺炎には、「胸が熱くなる場合」と「熱くならない場合」があります。それぞれの場合でどのように対処していけば良いのでしょうか?

 

1.胸に痛みはあるが、熱くない場合

・血行を良くするようにしましょう。

おっぱいにしこりが出来て痛むけど熱はない場合、乳腺炎の初期だと考えていいでしょう。熱がないということは炎症を起こしていないと考えられるので、温めて血行をよくすることが効果的な対処法です。

 

ポイント

<熱くない場合の対策法とは>

  1. 入浴する
  2. マッサージをする
  3. 赤ちゃんに飲ませましょう!
  4. 搾乳機の活用
  5. 助産師さん搾乳してもらいましょう!

 

少しでも早く治すためにも、入浴やマッサージで血行をよくしてから、すぐに赤ちゃんに母乳を飲んでもらうというやり方が、詰まりを取りやすくしおすすめです。もしそれでもダメだったら、搾乳機等を試して出してみて下さい。

 

自分の力でどうしても排出できなかった場合には、助産師さんに搾乳をしてもらいましょう。

 

助産師さんは、詰まりのポイント見抜くスペシャリストです。一般の人ではできない搾乳技術をもっていますので、こうした人の所でやり方を教わることも大切です。

 

2.胸に痛みがあり熱い状態の場合

胸に痛みがあり、熱い状態の場合には、下記対策が有効です。

 

ポイント

・まずは冷やすようにしましょう。

 

熱がある場合は炎症を起こしているということになるので、血行をよくすることによっていっそう悪化してしまいます。なので、熱がある場合は入浴やマッサージなど、体が温まり血行がよくなるような行動は控えましょう。

 

<熱い状態の場合の対策法とは>

  • キャッベツシップの活用
  • 助産師さんに搾乳の依頼を!

 

熱がある場合の乳腺炎の対策は、少しでも早く病院や母乳外来に行くことをおすすめします。 乳腺炎になり発熱があると高熱になることが多く、痛みもかなりのものです。

症状は人によって差はありますが、熱があるかないかでどういった対策を取るのか、判断材料の一つにしてもいいのではないでしょうか。

乳腺炎は予防が最も重要!おすすめの6つの予防法とは

乳腺炎になるととても危険な病気です。ならないための対策をあらかじめに講じておくことが大切です。

乳腺炎にならないためのおすすめの予防法を3つご紹介しておきましょう。

 

ポイント

<乳腺炎にならないための予防法とは>

  • 普段から血行をよくする
  • 脂ものには要注意!
  • ストレスを溜めない!
  • ミルクスルーブレンドの利用
  • 葉酸の摂取

 

 

1.普段から血行をよくする!

何よりも毎日普段から体を温めて血行をよくしてあげることで、母乳の詰まりにくい、乳腺炎になりにくい体になります。

血行を良くするには、入力やマッサージ等が一般的ですが、それ以外にも身体を温める飲み物も効果的な方法の一つです。又食生活にも注意が必要です。脂ものやケーキ等、脂肪分の多い血液をドロドロにするような食べ物は控えるようにしましょう。

 

2.脂ものには要注意!

脂ものは結構要注意です!これは、個人差があるので、食べてもつまらない人は全く詰まりません。

乳腺が太い人細い人がいるので、誰もがつまらないという分けではありません。

ただ私は、その例外でした。。

一人目を出産した時はちょっと気を許して、誕生日のお祝いと思ってケーキの小さいのを食べてしまいました。この翌日母乳が出なくなってしまったんです。ちょっと食べるだけでも、その影響は出ていたんです。

私は乳腺を切開した程なので、相当重症な方です。

しかし、2人目を出産したときは、全く詰まらなくなりました。乳腺が太くなったのでしょうか?理由はあまりよくわかっていませんが、

 

3.ストレスを溜めない!

あとストレスを感じすぎる事も良くありません。産後になるとホルモンバランスんの変化や子育ての影響、孤独との闘いから、分からないことも非常に多いので、ストレスを抱えがちになりやすい。

これが、マタニティーブルーや産後うつへの延長線上なんです。だからこそ、一人が抱えることはまずやってはダメです。

初産の場合、特に経験が浅いので、何事も心配や不安になりがち。でも、育児における悩みごとの大半は自然と解消されていきます。

 

なので、過度にストレスを感じすぎないこと。どうにかなるという思いで、子育てに臨みましょう!

 

4.ミルクアップスルーブレンドの利用

 

普段飲んでいる飲みものも、コーヒーなんかはカフェインが多いので飲むのにちょっと抵抗がありますが、ここで飲み物を一つ「AMOMAミルクスルーブレンド」のハーブティーに変えるだけで、かなり日常の乳腺炎に対しての不安がかなり軽減なります。

 

しかも、ミルクアップスルーブレンドのハーブティーは飲みやすいので、継続して続けられます。

私も治ったとまではいきませんが、飲んでいるかいないかだけで安心感が違いました。

2人目の時は、毎日飲んでいたので、つまりもほぼなく、一人目とは比較にならないほど母乳が出ていました。

又詰まることも全くと言っていいほどありませんでしたよ。^^

乳腺炎の影響が懸念される方は試して損はないと思います。ぜひこの機会に利用されてみてはいかがでしょうか。

 

ミルクスルーブレンドの詳細はこちら


 

葉酸  質の良い血液・栄養を生成し、母乳をサラサラにする効果があります。
ハーブティ 母乳のつまりの予防・解消/ リラックス効果

 

5.葉酸の摂取

 

そして、もう一つ重要なのが、「葉酸」です。

乳腺炎が懸念されている方で摂取が重要なのが、「葉酸」です。これは胎児の栄養になるだけではありません。

母乳の栄養分としてだけでなく、母乳をサラサラにする成分も含まれています。

なので、この葉酸は、産後もしっかり摂取しておくことが大切です。

 

悩む女性3
じゃあどの葉酸がいいの?

って感じる方も多いかと思いますが、妊娠中や産後に現れる症状に応じて適切なものを選定するといいです。

例えば、貧血が起こりやすい方であれば、「鉄分+葉酸」。

こんな感じで、今では葉酸に合わせて、色々な効果を表す成分を配合してサプリ化しているものが多いので、自分の症状の現れた方に応じて、適正な葉酸サプリを選定する方がよいように感じます。

特に、私は母乳のつまりがひどかったので、「すくすく母乳の泉」を選んでいました。

「すくすく母乳の泉」のご購入はこちら

 

母乳育児サポートサプリ「すくすく母乳の泉」の詳細はこちら

すくすく母乳の泉

 

下記記事でその葉酸について詳しく言及しましたので、参考にどうぞ!
いくみ

 

 

まとめ

 

乳腺炎にはストレスや疲労なども原因になるのですが、子どものパワーに押されてしまい疲れを感じることはありませんか?

 

いくみ

私は、よく疲労と共にイライラしています。

そういったときにもおすすめなのが半身浴。子どもを寝かしつけたあと、好きな入浴剤を入れて半身浴なんて極上の時間です。

日中はトイレもゆっくり行けませんし、子どもが寝たあとの自分時間に半身浴を是非。リラックスできて疲れも取れるし、乳腺炎予防にもなりますので、ぜひ自分なりのストレスの解消法を見つけて、ストレスを溜めない生活を確立させていきましょう。

又乳腺炎にならないため対処法には、下記のような栄養の摂取も乳腺炎にならない予防法の一つでもあります。

 

葉酸  質の良い血液・栄養を生成し、母乳をサラサラにする効果があります。
ハーブティ 母乳のつまりの予防・解消/ リラックス効果

 

 

等の効果もありますので、併用しながら、上手に乳腺炎の予防に努めていきましょう。

特に予めの予防を行なうためには、上記の葉酸は、血液をサラサラにする効果時期に合わせて的確に葉酸を摂取することができるので、私も愛用させて頂いていました。

又もう一つAMOMAのミルクスルーブレンドです。乳腺炎の経験がある私でしたが、もともと乳腺が細いため、母乳が詰まりやすかったのですが、授乳中にこちらを飲んでいて、脂ものを食べていても詰まりにくくなりました。

こちらもぜひ試しみるといいかもしれません。但し、人によってその効果は個人差がある話をよく耳にするので、まずは試す程度の感覚で始められるとよいと思いますよ。

 

⇒AMOMAミルクスルーブレンドの詳細はこちら

 

その他子育て中の悩みの一つとして、乳幼児のコミュケーションってすごく難しいです。

初産の場合は特にです

何事も初めての経験なので、赤ちゃんが何をしたくて、泣いているのかわからなくなることも。。。そこで、育児奮闘中の方も注意しなくてはいけないのが、この「産後うつマタニティブルー」などの病気や症状です。

こうした悩みの解決方法についても記載しましたので、もし当てはまる方は見てみて下さいね^^

いくみ

子育てによる産後うつとはどんな病気?症状・原因・対処法について

 

 

コーヒーが作れる注目のおすすめウォーターサーバー(17000円相当プレゼント)

ウォーターサーバー「フレシャス」

-乳腺炎, 産後の悩み
-, , , , ,

Copyright© 育チルケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.