子育ての悩み

2021/4/19

子供に何かしてほしい時に子供の足を動かす魔法の言葉

  子供は、何かを親に言われてもすぐに動きません。しかし、あることを言うだけで、子供の足がさっと動くようになる魔法の言葉があるんです。   親も中々子供が動かないとストレスを抱えて倒れてしまいます。そんな時にちょこっと子供に一言いうだけで、返られるおすすめテクニックをご紹介していきます。   目次1 子供の足を動かす主な2つの方法2 子供に何かしてほしい時に子供の足を動かす魔法の言葉2.1 競争心を煽るおすすめな一言2.2 子供が楽しいと思えることと引き換えに頑張らせる一言3 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/4/18

子供がトイレでうんちができるようになるためのおすすめトイトレ法

  2~3歳頃によくある悩み。オムツがとれない。トイレにいかない等色々ありますが、そんな悩みの一つに「うんちをトイレでできるようにさせたい。」でも。トイトレの仕方がわからない。。。 うんちをトイレでできるようにさせたい。 なかなかトイレでできない 悩む女性1 オムツでしてしまって、トイレでしてくれなかったり、うんちがトイレの時だけ、でない。 な~んってこともありますよね~。   そこで、トイレでうんちができるようになるまでの全てを本章でご紹介していこうと思います。   &nb ...

ReadMore

産後の悩み

2021/4/16

赤ちゃんのオムツかぶれ・肌荒れが全て解決!おすすめ予防法・対処法

新生児や乳幼児のうちによくある悩み「オムツかぶれ・肌荒れ」。 赤ちゃんは皮膚が弱く、外的な影響を受けやすいため、オムツかぶれや肌荒れはちょっとしたことで起こります。日常的・定期的なケアがすごく大切ですが、それでも、オムツかぶれや肌荒れは起こっていしまうものなんです。   そんな時にあると便利な赤ちゃんのオムツかぶれ・肌荒れのケアアイテムです。そこで、私の家庭でも利用してかなり効果があったおすすめのケアアイテムをご紹介していきましょう。   目次1 オムツかぶれはどうして起こるの?その主 ...

ReadMore

産後の悩み

2021/3/15

産後の腰痛は骨盤の歪み!家で手軽にできる効果的な対処法

出産が終わって、ホッと一息したいところですが、出産が終わってもまだ体はすぐにもとには戻りません。そんな身体の状態が回復していない中ですぐに育児が待っています。 そんな大変育児の最中に起こる体の悩みの一つに「骨盤の歪み」があります。 骨盤の歪みをそのまま放置しておくと、腰痛になったり、便秘になる等様々な不調が現れてきます。 悩む女性1でも骨盤の歪みを解消するためには、どんな対策をしていけばよいのでしょうか?   しかも骨盤が歪んでいるといっても、歪んでいるかどうかわかりませんよね~。いくみ そこで ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/3/13

サイレントベビーとは!状態・原因と正しい対処法とは

  皆様は「サイレントベビー」という言葉をご存じですか?いくみ 赤ちゃんは、お父さんお母さんが忙しくしていても関係なく、気分が悪くなるとすぐに泣き出しますが、抱っこをしたり、あやしてもらったりすることで安心して泣き止むことができます。 しかし、そんな赤ちゃんとは異なり、おなかが空いても、体調が悪くても、表情一つ変えずに押し黙っていたり、目も合わせなかったり、反応を示してくれない赤ちゃんもいたりすると、親も子育てに対して不安になってしまいますよね~。こうした状態の子供を「サイレントベビー」と言いま ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/3/10

SIDS(乳幼児突然死症候群)とは!その原因と予防法について

皆様は、SIDSという病気をご存じですか?いくみ   あまり聞きなれない言葉ですが、それまで元気だった赤ちゃんが、突然寝ている間になくなってしまう病気です。 いったいどうしてこうした病気が起こってしまうのでしょうか?   目次1 SIDSとは2 SIDSによる年間死亡推移3 SIDSの主な原因とは4 SIDSの発症率を低くする主な予防法・対処法について4.1 1.あおむけで寝かせる4.2 2.寝かせる時に注意点とは4.3 3.タバコをやめよう4.4 4.赤ちゃんを一人にしないで4.5 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/3/10

赤ちゃんの痰の絡みを速攻解消!おすすめ対処法とは

  悩む女性1赤ちゃんの痰が、喉の奥に引っかかっていて、なんかゼーゼー・ヒューヒューしてる? そんな経験ありませんか?そんな音がしているとなんか焦ってしまいますよね~。いくみ そこで、この赤ちゃんの痰の絡みにおける悩みについて詳しく解説していきましょう。 又赤ちゃんが苦しそうにしていた時にその苦しさを少しでもやわらげてあげたいですよね。どのように対処していけばよいのでしょうか?いくみ その対処法についても合わせてご紹介していきましょう。     目次1 痰が絡む原因って?2 ...

ReadMore

子育ての悩み

2021/2/22

子供が感染しやすい溶連菌の主な症状と対策法

  季節の変わり目など体温調節がうまくいかないこの時期では、子どもが体調を崩しやすい時期でもあります。 そんな時もし子どもが喉の痛みを訴えていたら、その多くは、細菌やウイルスに感染しており、喉に炎症が起きてしまっている可能性が高いです。近年子どもが、かかりやすい病気の一つに、合併症を引き起こす溶連菌があります。   溶連菌は、一見するとただの風邪と症状が似ているため、勘違いしやすい病気なのですが、感染すると様々な合併症が存在します。抗生剤による適切な治療を受けないと、臓器不全の病気の原 ...

ReadMore

子育ての悩み

【必見】赤ちゃんの夜泣きが止まる!実際効果があったおすすめ対策法

 

赤ちゃんが突然泣き止まなくなる「夜泣き」。

実際に夜泣きで泣いているのか、それとも普通に泣いているのか、どのようにして見分けるのかよくわからないですよね~。

いくみ

  • 赤ちゃんの夜泣きって何で判断するの?
  • どうやって泣き止ませればいいの?

そこで、実際に効果があった赤ちゃんが泣き止む夜泣き対策方法についていくつかご紹介していきましょう。

 

夜泣きって

 

夜泣きとは・・・

 【夜泣きとは】
夜泣きとは、乳幼児が、夜間に泣き出し、眠らないでぐずり続ける状態をいう。 定義の詳細は国・地域・研究者によって様々で、統一的見解は無い。日本国内に限っても、「生まれて間もなく始まる症状」「生後4か月から1歳半くらいまでの症状」「生後6か月から1歳半くらいまでの症状」など、様々な見解がある。

 

新生児は夜中も空腹を訴えて泣くが、満腹になれば泣き止むため、通常これを「夜泣き」とは見なさない。新生児期が過ぎると、徐々に夜中に起きて泣くことは少なくなる。しかし、お腹が空いた、おむつが濡れている、部屋が暑すぎる・寒すぎるなどといった、明確な原因が見当たらないにもかかわらず、機嫌よく寝付いてよく眠っていたはずの赤ん坊が夜中に起きて激しく泣く場合があり、こういった状態を指して「夜泣き」という。

【原因】

日中の刺激や興奮で夜中に夢を見るのではないかとか、睡眠のリズムが掴めず、体内時計が狂ってしまうのではないかなどの説があり、はっきり分からないことが多いが、発達の一段階であると考えられている。

【参考文献: ウィキペディア】

 

このように、夜泣きについての明確な原因がわかっていないため、様々な説が挙げられています。

 

基本的な泣きと夜泣きを見分けるポイントとは

 

多くの方が、一般的な泣いている場合と夜泣きとを混同されてしまうことが多いようですが、そんな場合の対処法としてその見分け方を学んでおきましょう。

 

夜泣きと一般的に泣いている場合の見分けるポイント

 

  1. 普段泣くパターンを覚えよう!
  2. 普段泣くパターンで当てはまらない場合夜泣きと判断しよう!

 

基本ベースでなく4つのパターンとは

 

まず基本ベースで泣くパターンというのは、どんな時かと言うと、

ポイント

  • おムツが気持ち悪い
  • 抱っこで安心したい
  • おっぱいが飲みたねい
  • おっぱいで落ち着きたい

 

こうしたことが基本ベースで泣くことが多いです。

なので、これらを確認しても泣き止まないような場合には、夜泣きと判断しましょう。

 

特に乳児は、まだ睡眠サイクルが確立されていないため、昼間寝て夜に眠れなくなってしまうこともありますので、そんな時は、夜に眠れるような対策方法を試していくことが大切です。

 

 

実際に効果があった夜泣きの対処法とは

 

あくまで夜泣きは、そのご家庭の家庭環境であったり、赤ちゃんの性格等によっても必ずしも泣き止むとは言えません。

それは、赤ちゃんの感情は人それぞれだからです。

 

 

ポイント

<夜泣きを抑える7つの対策法とは>

  1. おしゃぶりを変えてみる
  2. 抱き方を包み込むように!(羊水の中と同じような空間を再現する)
  3. フワフワした布団で寝かせる
  4. 親同士が話している空間の中で自然と寝かせる(話している空間が落ち着く)
  5. スクワットをするような感じで縦に揺らす
  6. 外の冷えた空間で落ち着かせる
  7. 水道のシャワーを流す

 

私は上記のような方法の中で、どれも効果がありましたが、特に持続性の高い方法としては、親同士が夜中に一緒に会話している空間の中で自然と寝かせるというのが結構疲れずに長続きすることができました。

これも自然と一緒に寝かしつけをしている中で編み出た方法であり、その方法は自然と生み出されるのかもしれませんね。

 

まとめ

このように、夜泣きの対策の根本は、赤ちゃんを落ち着かせてあげる空間を作ってあげることが大切であり、その方法は赤ちゃんによっても異なるため、それぞれに応じた対処方法を試しながら、よりよい方法を見つけていく必要性があります。

又夜泣き対策は、長期戦です。親も根気が必要ですので、夫婦2人3脚でしっかり助けあいながら、産後の育児を乗り越えていきましょう。

 


【napnap 抱っこひも】公式オンラインショップはこちら!

 

-子育ての悩み
-

Copyright© 育チルケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.